レポート

KDDI株式会社

同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?

企業がモバイル化を進めるにつれ、システムに格納されている社員の連絡先情報の検索と更新に費やす時間は徐々に増えていると専門家は指摘する。

要約

 企業における働き方が「固定」から「移動」にシフトしつつある。多くの関係者はこの変化で業務の生産性が大幅に向上すると期待した。実際、改善できたケースも多い。しかし、意外にもかえって効率が下がってしまう事例も出てきている。

 その典型的な例が「社員の連絡先」に関するデータの扱いだ。全員がオフィスの机から離れることができなかった時代なら、会社の外線番号か社内の内線番号ですぐに相手と連絡できたのに、今では、携帯電話の番号だけでなくコミュニケーションツールのアカウントまで拡大した。

 一見、複数の手段を選べていつでも連絡が取れるように思えるが、「オフィスにある固定したデスクでスタッフは働く」という昔の常識を引きずっているビジネスアプリケーションの連絡先データの管理では、会社外線と社内内線、そして、携帯電話番号とメールアドレスしかサポートしていない場合もある。最新の機能を導入したMicrosoftの「Office 365」は、連絡先データの管理でどのような進化を遂げているだろうか。その実力を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ388 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け