レポート

KDDI株式会社

徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド

クラウドデータベースを選ぶ場合、どれを選ぶとしても、コストや可用性、機能などさまざまな要素を検討する必要がある。比較の上で選択のポイントを示す。

要約

 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとしてのデータベース)という選択肢もある。

 ユーザーがまずすべきは、選択肢の概要を学ぶことだ。どのような種類のクラウドデータベースを選ぶにしても、コスト、可用性、スケーラビリティ、機能など、さまざまな要素の検討が必要になる。本コンテンツでは主要製品を比較。その上で製品選びの概要を示す。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ369 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け