製品資料

日商エレクトロニクス株式会社

VDI導入の成否を分けるアセスメント――ざっくりとしたサイジングが悲劇を招く

VDI導入を成功させるためには、VDIサイジングの適正値を知る必要がある。しかし、多くの企業がざっくりとした概算構成と金額で話を進めた結果、導入後に数々の悲劇に見舞われている。そこで、アセスメントサービスを利用してトラブルを未然に防ぐ方法を紹介する。

要約

 セキュリティ対策からワークスタイル多様化まで、さまざまな目的で活用される仮想デスクトップインフラ(VDI)。その導入を成功させる条件が「ユーザーが快適な速度」「アプリケーションの正常な動作」「コストの無駄がないサイジング」の3つだ。

 これらの実現には「自社の実態」を事前に把握することが欠かせないが、多くの企業がこのプロセスを軽視しているのが実情だ。しかし、ざっくりとした概算構成と金額で話を進めた結果、想定外に多いヘビーユーザーや移行対象から漏れたアプリなどにより、ログインやアプリ操作の遅延、業務の停止といった事態に陥るケースも少なくない。

 ここで知っておきたいのが、これらのトラブルを未然に防ぎ、VDI導入を支援するアセスメントサービスだ。本コンテンツでは、VDIサイジングに失敗した場合に見舞われる悲劇と、アセスメントサービスで分かる情報や回避可能なリスクについて、分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ1.89 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け