事例

日商エレクトロニクス株式会社

NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは

NTT西日本グループが保有する大規模DaaS(Desktops as a Service)基盤の構築と運用を担うNTTネオメイト。同社はどうやって、VDIのレスポンスを改善し、国内有数の規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろうか。

要約

 NTT西日本グループが保有する国内有数の規模のDaaS(Desktops as a Service)基盤。ユーザー数にして約3万5000という、この大規模仮想デスクトップ(VDI)環境の構築と運用を担うのがNTTネオメイトだ。同社はどうやって、この規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろうか。

 同社が最大の課題として取り組んできたのが、VDIのレスポンス改善だ。運用開始直後は、原因不明のレスポンス悪化がたびたび発生。その調査には多くの時間がかかるばかりか、調査開始前にパフォーマンスが回復し、再発を待つためにさらに多くの日数を要することも多かったという。

 そこで同社が採用したのが、VDI環境のリソース消費をアプリケーション単位で確認できるモニタリングツールだ。リソース状況が一目で分かるため、導入後は問題の原因を10分程度で特定可能になったという。同社がどのようにレスポンスの課題を解消し、アセスメントやサイジングの品質向上につなげようとしているのか。さらに詳しく解説する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「日商エレクトロニクス株式会社」に収集される
  • 「日商エレクトロニクス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日商エレクトロニクス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ2.04 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け