事例

日商エレクトロニクス株式会社

「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術

ワークスタイル変革に向けて仮想デスクトップインフラを導入したら、サービス残業が増え、かえって労働環境が悪化したというケースは多い。そんな問題を防ぐためには、VDI環境に負荷を掛けずに現状把握する仕組みが必要だ。

要約

 ワークスタイル変革を目指して、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入が進んでいる。しかし、いつでもどこでも働ける環境になると、退社後のサービス残業や休日の無断業務が増え、かえって労働環境が悪化することがある。

 また、社外での勤務を管理する仕組みがなく、在宅勤務者が本当に業務を行っているのかを確認できないようなケースも多い。そうならないために、監視ツールやログツールを導入しているという企業も要注意。これらのツールが消費するCPUやIOPSなどのリソースは意外と多く、VDI環境のパフォーマンス低下やコスト増加を招いている可能性がある。

 そこで考えなければならないのが、多様なワークスタイルを支える上で「本当に把握すべき情報は何か?」ということだ。この点を押さえると、VDI環境のコスト・可視性・パフォーマンスを最適化する方法が見えてくる。本コンテンツでは、ワークスタイル変革に向けた、シンプルなVDI管理・運用の方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「日商エレクトロニクス株式会社」に収集される
  • 「日商エレクトロニクス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日商エレクトロニクス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ2.02 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け