製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境バックアップを最適化――ノウハウ不要でコスト削減・高速リストア

仮想化環境の利用拡大とともにバックアップの重要性が増している。しかし、自社の規模やニーズに合ったバックアップ環境を構築するためには、ある程度のノウハウも必要だ。そこで注目したいのが「仮想化環境バックアップ構築サービス」だ。

要約

 仮想化環境の利用が拡大する中、バックアップの運用や計画策定に悩む企業が増えている。一口にバックアップといっても、バックアップ方式や機器、ソフトウェアなど、検討すべき要素は多岐にわたるため、自社の規模やニーズに適したバックアップ環境を構築するにはある程度のノウハウが必要だ。

 例えば、小規模な仮想化環境で低コストのバックアップ運用を行うためには、既存の仮想化環境のストレージ空き領域や、追加ライセンス費用が掛からない仮想化ソフトウェア付属ツールの活用などを考える必要がある。もちろん、中規模環境や大規模環境でも、さまざまな用途に合わせた最適な方法が存在する。

 そこで注目したいのが、これらのノウハウを基に自社に最適なバックアップ環境の提案・構築を行う「仮想化環境バックアップ構築サービス」だ。本コンテンツでは、VMware環境に対応したサービスの内容を、小・中・大規模における環境構築例を交えつつ紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「東京エレクトロン デバイス株式会社」に収集される
  • 「東京エレクトロン デバイス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「東京エレクトロン デバイス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/04/20
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ396 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け