製品資料

ベリタステクノロジーズ合同会社

Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上

Amazon Web Servicesのクラウドストレージ「Amazon S3」を事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策に活用する企業が増えている。Amazon S3に特化したバックアップ製品も登場しており、運用管理のハードルはさらに下がっている。

要約

 Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドストレージ「Amazon S3」の登場は、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の面でもクラウド活用を促進している。そのメリットは、可用性の高さだけにとどまらない。

 既に多くの企業がAmazon S3をバックアップストレージに追加して、高い柔軟性や俊敏性といったメリットを活用している。従来のバックアップ環境と比べて運用コストも低いため、テープメディアからの移行といった用途にも適している。

 近年は、Amazon S3に特化したバックアップ製品も提供されており、既存のIT環境にクラウドストレージをシームレスに統合することも可能となった。本コンテンツでは、このような製品を用いて、Amazon S3へのデータ転送をより簡単かつ安全に行う方法を分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/04
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ649 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け