製品資料

サイバーユニバーシティ株式会社

オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣

従業員の教育やトレーニングにeラーニングは有効だ。しかし日々の業務で忙しい従業員には、そうしたものに積極的になれず、有効活用されないケースもある。その課題を解消するため、eラーニングシステムには機能の豊富さとは別の要素が求められる。

要約

 スキルアップやコンプライアンスの徹底など、従業員へ一斉に情報伝達や教育をするケースは多い。そこで役立つのがeラーニングという手段である。企業内の端末や通信インフラの充実により、今まさにそうしたシステムを導入・活用しやすいタイミングになったといえよう。

 しかし、受講者にとっては日々の業務に追われる中、社内教育や研修として課せられたeラーニングに積極的に取り組めないといったケースも少なくない。管理者も同様に、自身の業務を持っている中、いかにコンテンツを準備するかという点も大きな課題である。

 本ホワイトペーパーでは、使いやすさを重視して開発されたeラーニングシステムについて紹介する。これまでも多くの企業でeラーニングシステムは開発され、市場に流通しているが、そうしたシステムはどのような点に課題があったのだろうか。また、多くの組織で「導入してもうまく運用できない」といわれるのは、何が原因なのか。そこで、実際にオンライン大学を運営し試行錯誤してきた専門家が提供する、「使われるeラーニングシステム」について、詳しく見ていこう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/30
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ286 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け