事例

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

ワークスタイル変革と業務効率化を実現するクライアント仮想化の進め方

制御機器メーカーの横河電機は、ワークスタイル変革や業務効率化を目指してクライアント仮想化を導入した。同社の導入プロジェクトから、働き方の多様化や業務の効率化を促進する方法を探る。

要約

 制御機器メーカーの横河電機は、近年、ワークスタイル変革やダイバーシティー推進、業務効率化に積極的に取り組んでいる。働き方が多様化するなか、業務効率化をさらに進める方法として同社が注目したのがクライアント仮想化だ。

 この技術を用いることで、どこからでも社内と同様のデスクトップ/ソフトウェア環境を利用できるようになるが、端末にはデータが残らないためセキュリティも確保される。同社は、この導入プロジェクトを「電子メール」「アプリケーション仮想化」「デスクトップ仮想化」の3段階で実施。

 このプロジェクトの成功の鍵となったのが、クラウド型のクライアント仮想化サービスだ。本コンテンツでは、同社が製品選定で重視したポイントや、導入プロジェクトの過程を詳しく紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「新日鉄住金ソリューションズ株式会社」に収集される
  • 「新日鉄住金ソリューションズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「新日鉄住金ソリューションズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/30
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ609 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業