レポート

KDDI株式会社

「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」

KDDIが2016年7月22日に開始した「世界データ定額」は、対応する国と地域で1日980円でデータ通信が利用できる。その安さはもちろん、予期せぬ高額請求を防げる仕様にした点も注目したい。担当者に、サービス提供の狙いや苦労を聞いた。

要約

 海外出張でもスマートフォンの利用が普通になってきた。日本にいるときと同じようにメールやチャットを使ったコミュニケーション、そして、マップ検索やタクシー予約サービスの利用は不可欠となっている。

 それに伴い、海外におけるモバイルネットワークサービスの利用も当たり前になった。以前は空港でピックアップできるモバイルルーターのレンタルや現地でその国で利用できる移動体通信事業者から購入したSIMを利用するケースが主流だった。しかし、いま、日本の移動体通信事業者が提供する海外ローミングサービスの価格低下によって、有力な選択肢となっている。

 しかし、「設定を間違えると高額請求」という“過去”のトラブルから、その利用を不安に思うユーザーも少なくない。今、海外ローミングサービスの実情はどのようになっているのだろうか。KDDIへのインタビューで明らかにする。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「KDDI株式会社」に収集される
  • 「KDDI株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「KDDI株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ869 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け