製品資料

ソフトバンク コマース&サービス株式会社

「その仕様で大丈夫?」 VDI導入で失敗しない事前検証の方法

仮想デスクトップインフラ(VDI)は現場の端末を一新するだけに、配慮すべきポイントも多岐にわたる。この難しい導入を成功させるため、近年活用されているのが導入前アセスメントをはじめとするVDI導入支援サービスだ。

要約

 セキュリティリスクの軽減、PC運用工数の削減、端末障害への対応など、さまざまな効果を期待できる仮想デスクトップインフラ(VDI)。しかし、十分な調査や検証を行わずにVDIを導入してしまうと、かえってコストや運用負担が増大するという事態を引き起こしかねない。

 このため、実機を試せるセミナーやアセスメントなどのVDI導入支援サービスを利用し、入念な事前準備を図るケースが増えている。例えば、管理者視点ばかりになりがちな機能検証も、エンドユーザー視点で実環境の体感を含めた検証も行うことで「2つの視点の検討」が可能になる。

 他にも投資効果や各部門への影響、上層部からの理解など、配慮すべきポイントは多岐にわたる。VDIの効果や事前検証のポイントを解説する本コンテンツを参照して、自社に最適なVDIを実現してほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間41ページ
ファイルサイズ2.88 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け