製品資料

ヴイエムウェア株式会社

「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット

仮想化製品として人気の高い「VMware vSphere」のパフォーマンスをさらに引き出す運用管理ツールが注目されている。このツールにより、リソース最適化が34%向上する。ここでは、運用管理ツールで得られる5つのメリットについて確認していく。

要約

 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。

 例えば、定番の仮想化製品「VMware vSphere」では、運用管理ツール「VMware vRealize Operations」を組み合わせることで、ITパフォーマンスをプロアクティブに管理し、リソースを自動的に最適化できる。その結果、vSphere単体に比べ、リソース最適化が34%向上するなど、5つのメリットを得られるという。

 こうした運用管理ツールは今後仮想化に不可欠なものとなるだろう。既にVMwareは、2製品の機能を兼ね備えた仮想化製品「vSphere with Operations Management」を展開している。本コンテンツを参考にして、仮想環境のさらなる効率化を目指してほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ435 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け