製品資料

ニフティ株式会社

気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

個人・法人を問わず、通信費用の削減に格安SIMと呼ばれるMVNOサービスが人気だ。利用目的に応じて料金プランを柔軟に選択し、コストの最適化を図れる点がその理由だ。そこで、企業の業務利用に適した法人向けMVNOサービスについて、詳しく見ていこう。

要約

 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。

 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデータ通信容量に応じてプランを選択して、SMS対応や音声通話対応といった契約タイプを選択するのは、個人向けと同様だ。さらに法人向けには、公衆無線LANを利用したり、M2MやIoT向けに利用するための低速専用プランといった多様なニーズに対応できるプランも提供され始めている。

 例えば、大容量のデータ通信量が必要な業務向けのプランや、通信量が異なる複数のSIMでデータ容量のシェアができるプラン、監視カメラや自動販売機のPOS管理などのM2MやIoTに適したプランなど、選択の幅も広がってきた。本コンテンツでは、法人向けMVNO「NifMo」法人サービスを例に、こうした業務用途に応える格安SIMサービスの活用について解説している。法人向けに契約中SIMの管理方法についても、分かりやすく紹介されており通信費用のコスト削減策として確認しておきたい内容である。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/17
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間32ページ
ファイルサイズ3.16 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け