レポート

KDDI株式会社

豊島区が実現した「情報共有における脱メール」 UCが変えたワークスタイルとは

日本一人口密度が高い街である豊島区が2015年5月に新庁舎を開庁した。それに合わせて、コミュニケーション基盤を一新し、組舎内コミュニケーションの方法を変えてきたという。

要約

 近年、ワークスタイル変革がうたわれ、コミュニケーション方法を見直している企業は少なくない。その中「メール」は組織内外とコミュニケーションをする重要なツールだ。しかし、次から次へとメールが届いてしまい、処理がしきれないという経験をしたことはないだろうか。

 豊島区もメールで悩んでいた組織の1つだ。豊島区は、連絡事項があると「取りあえず、メールで連絡する」という文化が根付いていた。当然ながら職員の手元には次から次へとメールが届くことになり、処理がしきないほどの量になる状況が常態化していたという。

 本稿では、コミュニケーション基盤を一新し、コミュニケーションの仕組みを変えた豊島区の取り組みを紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ478 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け