レポート

KDDI株式会社

「チャットボット」が変える会社のコミュニケーション 注目ツールの活用法は?

業務の効率化やコミュニケーション活性化で注目されている、コラボレーションツールやチャットボット。しかし、使う上でさまざまな課題がある。

要約

 企業は、業務の効率化やコミュニケーション活性化を実現するため、コラボレーションツールやチャットボットに注目している。コラボレーションツールを使うことで、共同作業を効率的に進めたり、チャットボットによって欲しい情報を簡単に得たりすることができる。

 コラボレーションツールやチャットボットを使うことで、業務にさまざまなメリットがある一方、セキュリティや運用の課題がある。その課題に対してどのように取り組めばいいのだろうか。

 本稿では、コラボレーションツールやチャットボットを使うことで得られるメリットと、使う上での課題を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ285 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け