技術文書

株式会社オービックビジネスコンサルタント

人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法

近年、過重労働への社会的な関心が高まっている。しかし、過重労働は自社の業務特性や職場風土に根差すことが多く、解消は容易ではない。成功させる秘訣は、自社の傾向を把握し、傾向に合った対策を講じることにある。

要約

 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ。

 企業の傾向は、「特定の個人に残業が多い」「残業抑制が定着しない」など大きく5つのタイプに分けられる。タイプごとに解消法は異なる上、単に残業を禁じるだけでは効果も出ない。そのため、過重労働の解消には、複数のアプローチを組み合わせることがポイントになる。

 本コンテンツでは、人事労務のプロが、過重労働を解消するための3条件をタイプ別に分かりやすく解説する。自社の労働環境を改善するために必要なシステムとはどのようなものか、ぜひ確認してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/15
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ2.58 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け