製品資料

ソフトバンク株式会社

AI導入で問い合わせ対応はどう変わる? メール殺到でも迅速に回答できる理由

メール対応窓口を設置したところ、問い合わせが殺到。対応の遅延や失念などが相次ぎ、業務効率や顧客満足度が低下するといった場面がよく見られる。AIを使ったカスタマーサポートツールは、そんな状況も低コストで解消できるという。

要約

 顧客満足度の向上や業務の効率化を目指して、メールでの問い合わせ窓口を導入したところ、大量の問い合わせが殺到。対応の遅延や失念、不十分な応対が相次ぎ、業務効率や顧客満足度をかえって低下させるようなケースは珍しいことではない。

 これは、対応時間や人的リソースの不足だけではなく、対応窓口や応対履歴の管理不備、オペレーターの応対スキルのバラツキなど、さまざまな要因によって引き起こされる。そのため、これまでは、メール対応業務の負荷軽減や迅速な回答を実現するために多くの時間とコストを必要としてきた。

 この状況を大きく変えつつあるのが、AIが電子メール対応を支援するカスタマーサポートツールだ。このカスタマーサポートツールは、問い合わせの意図を解釈し、回答候補を提示するだけでなく、電子メール/Web/電話/FAXの応対履歴を統合的に管理する。AIがメール対応業務の時間とコストをどれだけ削減するのか、ぜひ確認してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「ソフトバンク株式会社」「NTTデータ先端技術株式会社」「木村情報技術株式会社」「ソフトブレーン株式会社」「株式会社ジェナ」 に収集される
  • 「ソフトバンク株式会社」「NTTデータ先端技術株式会社」「木村情報技術株式会社」「ソフトブレーン株式会社」「株式会社ジェナ」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「ソフトバンク株式会社」 「NTTデータ先端技術株式会社」 「木村情報技術株式会社」 「ソフトブレーン株式会社」 「株式会社ジェナ」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ5.26 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け