レポート

SAS Institute Japan株式会社

デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素

企業のマーケティングは、かつて印刷や放送のチャネルを通じてマーケターが主導してきた。しかしデジタルチャネル時代の今、それが困難となっている。これからのデジタルマーケティングでは、アジャイルマーケティングの考え方が重要だ。

要約

 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャーニーが、転換期を迎えていることを意味している。

 特に消費者の情報発信が集中するソーシャルメディアチャネルは、分析対象であると同時に、顧客対応の新たな窓口にもなっている。次々と移り変わる流行に乗り遅れず、的確に仕掛け、顧客エンゲージメントを結ぶことが、ここでの重要な課題となる。

 本レポートでは、デジタルチャネル時代における、消費者や環境の変化に迅速に対応するためのアジャイルマーケティングの実践について解説する。その考え方や、プラットフォームの活用法、失敗を避けるためのノウハウなどを実例を交えながら紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/10
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ2.80 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け