事例

株式会社ミロク情報サービス

はてな経理部長が語る、マザーズ上場を支えた財務会計システムの「これが助かった」

はてなは、人力検索サービスを開始してから15年後の2016年2月にマザーズ上場を果たした。この上場準備を支えた財務会計システムについて、「これが助かった」というポイントを同社の経理部長に語ってもらった。

要約

 はてなは、人力検索サービスの提供を開始してから15年後となる2016年2月に東京証券取引所マザーズに上場を果たした。同社ではIPOを視野に入れ始めた2012年ごろから新財務会計システムの検討に入り、翌年6月にシステムを本格稼働した。

 旧システムは、2008年ごろにリリースされた製品で、内部統制上の要件を満たせず、経理の日常業務にも支障を来していた。そこで、財務会計システムの刷新を行うことになったが、上場準備のための会計監査を受ける関係上、事業年度の期首までに新システムへの移行を果たさなければならなかった。

 そんなときに「これは助かった」というのが、システム支援サポートだ。同社では、機能ラインアップの豊富さをポイントとして選定を行ったが、最終的な決め手となったのはコストパフォーマンスと手厚いサポートだったという。同社の財務会計を上場レベルまでスムーズに移行させたサポートとはどのようなものか、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/07
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ2.17 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け