事例

CA Technologies

「問題が起きる前に対応」、NTTドコモのサービス開発に学ぶ“予兆監視”

モバイル端末向けのサービスでも業界をリードするNTTドコモ。同社は、サービス状況の監視システムを活用し、問題への予測的な対応や、新サービスの開発につなげている。その具体的な手法とはどのようなものだろうか。

要約

 通信事業だけでなく、モバイル端末向けサービスの開発でも業界をリードするNTTドコモ。同社は中核事業の「dマーケット」で、「dショッピング」や「dブック」などの多彩なメニューを提供。近年は、ビジネス系のサービスである「+d」事業にも力を入れている。

 強靱な通信インフラとともにこれらのサービス群を支えているのが、各サービスを実現するアプリケーションの共通基盤だ。同社は、この基盤でユーザーの認証や属性管理などの機能を共通化することで、「開発期間の短縮」や「撤退のしやすさ」の実現を目指しているという。

 その中でも重要な役割を果たしているのが、エラー件数や応答時間など、各サービスの状況をリアルタイムで確認できる監視システムだ。同社は、このシステムにより、問題の発生を予測し、“先回りした対策”を行っている。本コンテンツでは、同社が監視業務や新サービス開発に活用する「予兆監視」の手法をさらに詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/03
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ560 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業