レポート

KDDI株式会社

生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”

Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。

要約

 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 また、ブランド再構築の一部として、オフィススイートである「Office 365」のサービスで、オンプレミスサーバ無しで企業向け電話サービスをサポートする計画も発表した。これにより、将来、会社全体の電話が全てSkype for Business Onlineになる可能性も潜んでいる。

 本稿では、Skype for Businessの名称変更で起きる影響やその狙いを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/02
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ313 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け