事例

株式会社Donuts

申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は?

大企業向けというイメージが強い経費精算システム。実際には、企業規模が大きくなるほど導入が難しくなることから、中小企業こそ導入したいシステムの1つとなっている。そこで、2社の事例から、中小企業における導入のポイントを探る。

要約

 社内の申請・承認、経理業務などを効率化する「経費精算システム」は、大企業で使われるシステムというイメージが強い。しかし、実際には企業規模が大きくなるほど導入のハードルが高くなることから、中小企業ほど早い段階で導入しておきたいシステムの1つとなっている。

 とはいえ、従業員数が50人以下や500人以下の企業で、本当に効果を得られるのかも気になるところだ。そこで、採用業務コンサルティングなどを手掛けるトライフと、家事代行サービスなどを展開するベアーズの事例から、経費精算システムの導入効果を見てみよう。

 両社が選んだのは、初期費用が不要で、初期設定も容易なクラウド型経費精算システム。両社は、導入のハードルの低さや操作性の良さに加え、どのような点を評価しているのか。導入の決め手となったポイントや、得られた効果などをさらに詳しく見ていこう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社Donuts」に収集される
  • 「株式会社Donuts」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社Donuts」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/03/02
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ15.54 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け