レポート

アイティメディア株式会社

ユーザーが大歓迎する「モバイルファースト」実行の手引

スマートフォンの重要性が高まるにつれ、アプリのモバイル開発を優先する「モバイルファースト」という考えが注目されている。この流れは、企業向けのアプリ開発でも例外ではない。どの機能がモバイル端末向きで、どの機能がデスクトップ版に適しているか。

要約

 Facebookへのモバイルアクセス増加が示すように、モバイルはコンシューマー市場を席巻した。同じくエンタープライズの世界でも、多くのクラウドサービスが登場し、ビジネスをサポートするようになった今、ビジネスでのモバイル活用が当たり前になってきている。

 それによって、PC向けのアプリケーション開発よりもモバイル向けのアプリケーション開発を先に実施する「モバイルファースト」という考え方が注目を集めている。だが、モバイルアプリケーションの開発は、従来のアプリケーション開発とは全く勝手が異なる。例えば、モバイル端末で長いフォームに入力することは現実的ではなく、モバイル端末向けには短いフォームを用意し、後からユーザーがデスクトップ上で追加情報を入力できるようにする方が良い。

 このように、どの機能がモバイル端末に向いていて、どの機能がPCに適しているのか、企業の開発チームがモバイル開発に取り組む際に生じる変化、モバイルファースト開発の進め方についてまとめた。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ400 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け