製品資料

株式会社ジャストシステム

組織の変化に自在に対応、「成長型SFA」のカスタマイズ機能でできること

営業力の質的向上を図るSFAを導入する企業が増えてきた。しかし導入後、次第に利用されなくなり、“お蔵入り”してしまうことも珍しくない。こうしたことを防ぐため、組織の成長に合わせて自在にカスタマイズできるSFAが注目されている。

要約

 営業の活動や成果を“見える化”するSFAを導入して、営業力の質的向上を図る手法は国内でも定着した。その一方で、導入後しばらくすると、利用率が大幅に低下してしまったというユーザーも少なくない。この原因はさまざまだが、主に企業の営業管理手法の変化にツールが対応できなくなっていることが挙げられる。

 SFAを導入すると、部内でデータを基にした綿密な戦略検討が活発化する。そのため時間の経過とともに、利用したいデータの種類が増え、データ連携のニーズも増加する。通常こうしたニーズに対応するにはツールをカスタマイズする必要があるが、開発言語を身に付ける必要があるなど、それなりにハードルが高い。

 そこで登場したのがノンプログラミングでカスタマイズ可能な、従来のSFAの課題を解消する「成長型SFA」だ。本コンテンツは、組織の成長に合わせて自在に変更・修正ができるカスタマイズ性を具体的に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/27
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ1.05 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け