レポート

KDDI株式会社

割らない自信がなければApple Care+には入っておこう iPhone 7の補償サービス

「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」を購入する際に検討する必要がある、「Apple Care+for iPhone」への加入の是非。加入したほうが修理費は安くなるのか。さまざまなケースで検証する。

要約

 2016年9月9日に予約受付が始まった「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」。これらのiPhoneシリーズを予約、購入する際、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートが、両方2年間に延長される「Apple Care+ for iPhone」に加入するか否かを検討する必要がある。

 今回、iPhone 7シリーズの画面の修理代が改変されたこともあり、いま一度Apple Care+for iPhoneに加入した場合とそうでなかった場合、どちらがお得なのか、それぞれの修理費の違いを算出することによって検証を試みる。加えて、契約キャリアごとに独自の追加補償サービスもあるため、それらの違いと各メリットを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「KDDI株式会社」に収集される
  • 「KDDI株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「KDDI株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/27
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ515 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け