レポート

日本ラドウェア株式会社

DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説

ある日、突然サービス障害を引き起こすDDoS攻撃。対策を考えつつも後回しになっているケースは少なくない。ここでは、さまざまなビジネスニーズに応えるクラウドDDoS攻撃対策を3つに分類して解説する。

要約

 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。

 DDoS攻撃の対策には、大きく分けてオンプレミスのDDoS対策専用機を利用する方法とクラウドベースのDDoS対策サービスを利用する方法がある。さらにクラウド型対策サービスは、オンデマンド型、常時接続型、ハイブリッド型の3つに分類できる。クラウド型対策の特長の1つとしては、DDoS攻撃専用機による対策よりも大規模な攻撃への対応力が優れているということが挙げられる。また、クラウドを導入することにより運用負荷の軽減、短期導入という点も大きな利点となる。

 本ホワイトペーパーでは、DDoS攻撃の検知および緩和の仕組みを対策手法ごとに解説している。最適な対策を講じるために考慮すべき、3つのクラウド型DDoS攻撃対策のポイントについて、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「日本ラドウェア株式会社」「マクニカネットワークス株式会社」 に収集される
  • 「日本ラドウェア株式会社」「マクニカネットワークス株式会社」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「日本ラドウェア株式会社」 「マクニカネットワークス株式会社」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/27
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ762 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け