Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法

近年、脚光を浴びているビッグデータ分析技術「Apache Spark」。Hadoopにあった速度面の課題をクリアしただけでなく、導入も容易になったことで、企業規模にかかわらずビッグデータ分析をビジネスに活用できるようになった。

要約

 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。

 利用が進む背景には、データ分析自体の容易さもある。インメモリ処理や分散処理により大規模なテストデータに加え、複数の統計モデルを利用した分析サイクルも利用できることで分析精度が向上する。また、短いコードで機能を実現できる設計であるため、開発期間も短縮される。

 機械学習や大規模バッチ処理、グラフ処理、ストリーミングなどさまざまな用途に使えるSpark、著名な企業での事例も増え、利用可能な領域は拡大し続けている。この注目技術の特徴と環境構築についてデモを交えた動画で解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/03/28
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間37分9秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け