レポート

アイティメディア株式会社

医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は

米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。

要約

 もはや、医療機関を狙うサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。米国では2016年初頭に、医療機関への攻撃は1日に約4000件発生していたという。
 医療機関のIT担当者は、他のサイバーセキュリティ脅威や攻撃と同様に、最善を尽くしてランサムウェア攻撃の発生を阻止しなければならない。だが、それと同じくらい重要なのは、医療機関がランサムウェア攻撃に遭った後に何ができるかを計画することだ。
 しかし、それでも攻撃を阻止できない場合はある。そのため、医療機関はランサムウェア攻撃を受けた後に、身代金を払わなくてもデータにアクセスできるよう準備をしておかなければならない。この際、鍵となるのは頻繁かつ継続的にデータのバックアップを取ることだ。
 本稿では、ランサムウェア攻撃の防御と、医療データを保護するためのアプローチを専門家が解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/23
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ331 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け