Webキャスト

ベリタステクノロジーズ合同会社

データの価値を引き出せるか? 今再考すべき「データ基盤の作り方」

爆発的に増え、物理・仮想環境・クラウドとさまざまな場所にあるデータを企業はどのように保護・管理すべきか? データをビジネスの原動力にできるか、それとも重荷にしてしまうのか。成否を分ける「データ基盤の作り方」を解説する。

要約

 データの増加、そしてデータの格納と管理に必要なリソースの急激な増大は、IT部門が直面している大きな課題だ。しかし、これらのデータを真に適切に活用できれば、極めて有効なビジネス資産になり得ることも事実だ。しかし、データの「量」だけが課題ではなく、「格納場所」や「移動方法」も大きな悩みの種となっている。例えばクラウドへの移行を進める際には、プライベートクラウド間やパブリッククラウド間の連携や移行、オンプレミスとの接続性などをクリアする必要がある。

 「企業が保有するデータの内、3年間触らないデータは約40%もある」といった調査結果もある現在、企業としてどのような戦略で、どのようなプロセスで、そしてどのようなテクノロジーを活用してデータ管理を実行していけばいいのか。データを貴重な経営資源にするための「データ基盤の作り方」を豊富な統計資料と事例を交え、分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「ベリタステクノロジーズ合同会社」に収集される
  • 「ベリタステクノロジーズ合同会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「ベリタステクノロジーズ合同会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/17
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間28分38秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け