レポート

ヴイエムウェア株式会社

「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に

SaaSで提供され、多くの企業がグループウェアとして導入している「Office 365」。今まではWindows PC中心の使い方だったが、それが変わろうとしている。

要約

 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office 365」を提供しているMicrosoftも例外ではない。

 Office 365は、SaaSで提供されているグループウェアで、インターネット接続さえあれば、どこでも、どのデバイスからでも使える。だが、そのOffice 365でも従来は、Windows以外の環境では、「Officeアドイン」などの一部の機能が制限され、使えなかった。それが今、Microsoftの取り組みで変わろうとしている。

 本稿は、Office 365が使いやすい理由を、SaaSの特徴とMicrosoftの新しい取り組みから探る。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. あなたの立場をお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/15
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ330 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け