レポート

フォーティネットジャパン株式会社

予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態

セキュリティインシデントの被害が広範に及ぶようになった現在、その対応を怠ることはデジタルエコノミーの中断を引き起こしかねない。2017年のサイバー脅威についての6つの予想から、今日のビジネス要件に適応したセキュリティ対策の手掛かりを探る。

要約

 近年のセキュリティインシデントは、その被害が1つの企業・組織にとどまらず、広範に及ぶようになっている。IoTデバイスが乗っ取られ、インターネット経由で大規模なシステム停止が実行されるような脅威が現実のものとなった今、その対応があらためて問われている。

 まず知っておきたいのが、サイバー脅威の現状だ。自律動作するマルウェアなど、攻撃手法の高度化はさらに進んでいる。複数の要素を組み合わせ、最初に自動化した攻撃を行い、続いて標的型攻撃を実行するようなケースも見られ始めた。このような攻撃への対策を怠ることは、拡大を続けるデジタルエコノミーにとって重大なリスクとなる。

 本コンテンツでは、2020年までに200億台以上がオンラインに接続されるといわれるIoTデバイスが抱えるリスクなどの重要トピックを解説。さらに、2017年のサイバー脅威に関する6つの予想から、今日のビジネス要件に適応したセキュリティ対策の在り方を探る。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「フォーティネットジャパン株式会社」に収集される
  • 「フォーティネットジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「フォーティネットジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/02/15
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ3.18 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け