レポート

日商エレクトロニクス株式会社

DBのボトルネックをピンポイントで解消――診断サービスを活用したDB最適化

時とともにデータベースのパフォーマンスは悪化していくが、ボトルネックを特定することは容易ではない。そこで活用したいのが、専門家による「データベース診断」だ。この診断で、どのような情報が得られるのかを紹介する。

要約

 データベース(DB)は、データの増加、連携するシステムの変化、機器やソフトウェアのサポート終了など、さまざまな要因によってパフォーマンスが悪化していく。しかし、有効な対策を立てるためには、まずボトルネックを特定する必要がある。

 原因によっては、フラッシュストレージへのリプレースが有効な場合もあれば、DBチューニングで解決できる場合もある。そこで、I/OボトルネックやCPUボトルネックなどの悪化要因を特定するために行うのがDBの診断だ。

 とはいえ、DB診断をするなら、やはり専門家の知見を仰ぎたい。診断サービスを利用すれば、システム全体はもちろん、負荷の高いSQL文の特定まで可能となる。本コンテンツでは、パフォーマンス悪化原因を突き止めるデータベース診断サービスの効果を解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ909 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業