レポート

日商エレクトロニクス株式会社

オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説

さまざまな企業で導入が進むオールフラッシュストレージ。安定性や低レイテンシ、省スペースなど、多様なメリットを持つオールフラッシュ製品を選ぶ際に注目すべきポイントとは何か、最新のストレージ情勢とともに解説する。

要約

 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。

 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認識されていたが、そのイメージは一掃され、国内外での導入事例が多数報告されるようになった。例えば、米国のインディアナ州政府はオールフラッシュ製品に移行したことで、物理設置面積を75%削減し、仮想マシンのセットアップ所要時間を5分から15秒に短縮することに成功した。

 本コンテンツでは、激変するストレージ情勢やHDDからの移行に必須の戦略を解説。オールフラッシュストレージの導入メリットを最大化するためのポイントをぜひ確認してもらいたい。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/14
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ154 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業