事例

NECソリューションイノベータ株式会社

大学・研究機関の機密情報保護、研究効率を落とさず「画像・資料の複製」を禁止

大学・研究機関が頭を悩ませる情報保護対策。研究の効率を下げることなく、研究情報を守ることは、多くの組織に共通する課題だろう。その実現の鍵となるのが、ユーザーごとのアクセス・操作を制御する研究情報保護ツールだ。

要約

 多くの大学は、発表前の研究情報や画像など外部に流出すると特許や著作権に関わる機密情報を保有している。その一方で、学外からのアクセスを制限しただけで、学内での複製や持ち出しは自由にできるというように情報保護対策が不十分な大学も珍しくない。

 こうした問題の改善に役立つのが研究情報保護ツールだ。例えば、学内で共有している資料に対し、教職員は「全操作が可能」、学生は「重要度の高い資料は閲覧のみ可能」といったユーザー属性・情報ごとの柔軟な運用が可能になる。また、操作ログの保存機能を持つ製品なら、万が一情報が流出した場合も追跡が容易になり、迅速に対処できる。

 さらに、複製や持ち出しを制限できるため、学外からのアクセス時にも情報漏えいのリスクは抑えられる。学外からのアクセスを一律に禁じるのでなく、ユーザー単位で学外からのアクセス時にも情報を公開することで、研究効率の向上も期待できる。本コンテンツでは、このように研究情報保護ツールを活用して、研究情報の保護と効率の向上を実現した大学の事例を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/08
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ764 KB
対象業種製造、医療・福祉、教育
対象企業規模全企業規模向け