製品資料

インフォテリア株式会社

研修期間が1カ月から1週間に――銀座メガネの従業員はなぜ自主学習できるのか?

従業員の接客スキル向上などを目指して行われる研修。多くの費用が投じられる一方で、従業員の離職による教育投資の無駄も問題となっている。そんな企業が注目したいのが、業務の空き時間を活用して研修期間を短縮した銀座メガネの事例だ。

要約

 店頭で単価の高い商品を販売する場合、その売り上げは従業員の接客スキルによって大きく左右される。そのため、多くの企業が、現場で積極的な商品提案ができる人材の育成を目指し、マナーや作法、商品情報や業界トレンド、競合情報などの知識を習得するための社内研修を行っている。

 しかし、特定の場所に集まって行う研修は、移動や宿泊などに多額の費用が掛かるだけでなく、参加者に知識が定着したかどうかを確認することも難しい。その一方で、近年は離職率が増加傾向にあり、コストを掛けて育てたスタッフが定着しないケースも増えている。

 そんな課題を抱える企業が注目したいのが、「業務の空き時間」にモバイル端末で自主学習できる仕組みを作ることで、従業員向けの座学の研修期間を1カ月から1週間に短縮した銀座メガネの事例だ。同社が、どのような手法で実際に活用される自習環境を整備したのかを具体的に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ4.38 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け