技術文書

ヴイエムウェア株式会社

知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”

サーバとストレージ、ネットワークを最適な構成で組み合わせる「ハイパーコンバージドシステム」が注目されている。その理由と、失敗しない製品の選び方を解説する。

要約

 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用管理の効率化というメリットを迅速に得られる。

 本コンテンツでは、多様な選択肢があるハイパーコンバージドシステムに関して、どのようなポイントで製品を調査、比較、評価できるのかを解説。検討すべき7項目を明らかにする。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 現在お持ちのESXサーバ台数を1つお選びください(必須)
Q2. 新規導入・追加もしくは保守切れ入替を予定している時期を1つお選びください。(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/02/02
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ393 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け