講演資料

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

海外進出していなくても米国訴訟のリスク? 本当は怖い情報マネジメントの話

ビジネスがグローバルで絡み合う昨今、どの企業にも思わぬことから海外とのコンプライアンス問題や訴訟に巻き込まれる可能性がある。普段は気付かないビジネスの背景にある“コンプライアンス対応”が注目される理由を解説する。

要約

 情報や商品がグローバルに流通する昨今、海外進出企業はもちろん、そうではない企業も外国での訴訟リスクに備えなくてはならない時代となった。とりわけ訴訟大国といわれる米国では、公判前の「ディスカバリ」と呼ばれる証拠開示手続に気を付けなければならない。

 当事者同士が互いに証拠を要求し、それを受けて文書や電子情報をはじめとする証拠を出し合う。なかでも電子情報に関する「eディスカバリ」では、メールやメッセージ、ファイルサーバなどの情報も開示が求められる。必要な情報を集め、形式を整えて提出するには時間もコストも掛かり、しかもその費用は原則自社が負担しなくてはならない。

 この手続には、事前の備えが大きな差を生む。標準的なワークフローとしてEDRM(eディスカバリ参照モデル)という運用モデルが確立されており、これは米国訴訟だけでなく、日本を含む他の国でもコンプライアンス社内調査などに活用できる。現在のビジネスに不可欠な情報マネジメントの在り方を理解するため、さらなる解説を参考にしてほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/01/27
フォーマットPDF
種類講演資料
ページ数/視聴時間39ページ
ファイルサイズ2.30 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け