製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる

定期的なハードウェアリプレース、それに伴うシステムバージョンアップの負担を考えると「気が重くなる」担当者は多いだろう。手間もコストもかかるがやらねばならない、これを簡単に済ませてくれる「魔法の箱」はないものだろうか。

要約

 ハードウェア保守契約終了に合わせて、基幹システムを5年ごとにリプレースするケースは多い。そしてOSやミドルウェア、さらにアプリケーションまでも一斉にバージョンアップしなければならず、思いのほか手間もコストも大きくなり、その割に新サービスや新技術へのキャッチアップがイマイチという場合も少なくない。

 一度アプリケーションを開発、構築すると、ハードウェアの更改ごとに再構築などが不要となる夢のような技術がある。一方、モバイルやクラウドなどの新技術もスムーズに実装することで、攻めの施策も打つことができる。

 スムーズに基幹システムをモバイル対応させた九州三菱自動車販売の事例などを紹介しつつ、開発や運用の向上と堅固なセキュリティも持ち合わせた「魔法」のようなシステムを紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/01/11
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ496 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け