講演資料

日揮情報システム株式会社

プロジェクトマネジメントにおける会計と品質の両立

会計基準の変更以前から進行基準に対応してきた日揮情報システムにおけるプロジェクト管理の要点と、プロジェクト管理製品「SmartPMO」やプロジェクトコスト管理製品「J+Project会計」、実際に両製品を導入した事例を紹介。

要約

日揮情報システムではPMAJのP2Mを採用しプロジェクトマネジメントを実施している。このP2Mで定義された「品質」「工程」「進捗」「根拠となるもの」「管理を支援するもの」「その仕組み」などのマネジメント要素の他にも、企業の業績としての受注見込から売上、利益と言った側面も必要となる。日揮情報システムで実施しているプロジェクトマネジメントの各管理要素の中から、WBSと予定単価、PMOについてご紹介させていただき、プロジェクトマネジメントを支援するプロジェクト管理ソリューション「SmartPMO」とプロジェクトコスト管理ソリューション「J+Project会計」を合わせてご紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2009/07/23
フォーマットPDF
種類講演資料
ページ数/視聴時間44ページ
ファイルサイズ2.96 MB
対象業種情報通信、サービス、その他
対象企業規模全企業規模向け