製品資料

リバーベッドテクノロジー株式会社

アプリ・ネットワーク管理を再点検 「10のステップ」は実行できているか?

アプリケーションとネットワークのパフォーマンス低下は、その発生原因の特定がますます困難になっている。解決策を打ち出すたびに別の盲点が明らかになり、いたちごっことなっていく。これを解決するための「10のステップ」を紹介する。

要約

 アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを常に最適な状態に保つには、エンドユーザーのデバイス、ネットワーク、アプリケーション、コード、インフラストラクチャなど、問題の発生が予想される場所ごとの可視化が重要だ。しかし、WANやハイブリッドネットワークなどの環境では、アプリケーションの集中的な管理とモニタリングは簡単なことではない。

 パフォーマンス低下の原因を特定するために、アプリケーションや拠点、ユーザー単位でパフォーマンス指標を確認するとなると、「パフォーマンスの可視化」は極めて粒度の細かいレベルで要求されることになる。しかし、現在の運用管理機能で、アプリケーション情報からアドレスやポートの詳細までを速やかに把握できるだろうか?

 本コンテンツは、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを高める方法について「10のステップ」に整理して紹介している。また、問題の発生源特定から、ユーザーが異常に気付く前に早期に解決する方法などについても分かりやすく解説している。自社の状況の再点検リストとして、ぜひ活用してほしいコンテンツだ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/19
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ582 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け