製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

IPSの選択と導入で押さえておきたい「7つのポイント」チェックシート

IPS(不正侵入防御システム)はインターネットと社内ネットワークの隙間から忍び寄るサイバー攻撃から企業を守る重要なセキュリティだ。しかし重要だからこそ、その機能や信頼性、運用方法などに不安もある。念頭に置いておくべき「7項目」はこれだ。

要約

 企業を狙うサイバー攻撃は、インターネットと社内ネットワークの境界を出入口にするものがほとんどだ。その隙間を守る重要なセキュリティの1つが「IPS(不正侵入防御システム)」である。社内外をまたがる通信を常に分析、不正と思われる通信を検知し、ポリシーに従って警告や停止を行う。

 このIPSはインターネットと社内ネットワークの間に置かれるものだけに、故障すれば業務が全て止まるのではないか、正常な通信もブロックされないか、速度遅延は起こらないか、などの懸念も多い。また膨大な量のアラートやログが発生するため、運用体制も整備しなければ逆効果になってしまう。

 こうした不安を払拭(ふっしょく)し、IPS導入を万全に準備するために、7つのチェックシートをお薦めしよう。既に導入を進めている企業も、このチェック項目であらためて機能や運用の抜け漏れがないか確認してほしい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/14
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ322 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け