技術文書

ネットアップ株式会社

5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿

従来のデータセンターの課題は、クラウドが活躍する今の時代を想定して構築されてはいない点である。ITをビジネスに生かすには、クラウドを生かす次世代データセンターが必要となる。5つの原則から、いかに設計すべきかを探っていく。

要約

 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。

 一方、インフラを運用するIT部門にとっては、既存の複雑化したオンプレミス環境を維持するだけで大きな負担となっている。シンプルに運用できる、インフラ全体を統合して効率的に管理できる、運用を自動化できるように変えていかなければ、今後のビジネスでは使い物にならない。

 ではどうすべきか? 「スケールアウト」「パフォーマンスの保証」「自動管理」「データ保証」「全体的な効率性」といった5つの原則から、次世代を担うデータセンターの姿を導き出してみたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/06
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間22ページ
ファイルサイズ4.19 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け