製品資料

サイオステクノロジー株式会社

Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保

ミッションクリティカルなシステムをAWSに移行する場合などには、AWS上にHAクラスタ環境を構築して、アプリケーションの可用性、耐障害性を確保・向上させることを考慮したい。こうした目的に適したソフトウェアとは、どのようなものなのか、詳しく紹介する。

要約

 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。

 こうした目的に適しているのが、稼働系サーバに障害が発生した場合に、自動的に待機系サーバに切り替えることで、システムの停止時間を最小限に抑え、高可用性を実現するHAソフトウェアだ。Amazon EC2インスタンスに導入することで、オンプレミスと同様に、用途に合わせて柔軟なHAクラスタシステムを構築できる。

 また、地理的に離れたリージョン間でもHAクラスタを構築でき、ミッションクリティカルなシステムをAWSに移行したり、リージョン間でシステムをレプリケーションしたりすることで可用性の向上を図れる。ここでは、AWSが提供するManagedサービスでは対応が困難な構成で、HAクラスタ環境を構築する方法を詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/12/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ1.23 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け