技術文書

アイティメディア株式会社

予算内でストレージを最大限に活用する方法

ストレージ環境の構築について判断を誤ると、財務責任者の機嫌を損なう事態になりかねない。本製品導入ガイドでは、変わりつつあるストレージ業界を展望し、さまざまな技術を実装していかに最大限の効果を引き出すかにスポットを当てる。

要約

企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。

まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ市場の最新動向を押さえることができる。

2つ目の記事では、バックアップ用途で使われてきた重複排除技術を通常のプライマリストレージへ適用するアイデアを考察する。以前は効果が低いとされてきたプライマリストレージでの重複排除。だが、ある技術の普及によってプライマリストレージでの重複排除が現実味を帯び始めているのだ。

3つ目の記事は、VDI環境におけるストレージプロビジョニングについて解説する。この分野で起こっている動向を押さえ、効果的なストレージ投資のヒントを提供する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. あなたのお勤め先におけるストレージの導入検討状況にあてはまるものを、1つだけお選びください(必須)
Q2. お勤め先でストレージを導入する際、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/11/07
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間15ページ
ファイルサイズ1.19 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け