製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目

IoTやスマートデバイスの活用が進む中、これまでにないタイプの非構造化データが急増している。コグニティブコンピューティングをはじめ、次世代のデータ分析ではこの非構造化データが重要となることから、その運用に適したストレージ基盤としてSDSが注目されている。

要約

 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。

 だからといって、企業はこれらのデータを不要なものと見なす必要はない。近年、注目されるコグニティブコンピューティングでは、これまで活用されていなかった非構造化データも対象として、論理的な推論や継続的な機械学習を行う。これにより、複雑な問題の解決、意思決定の品質向上、新たなビジネス価値の創造といった効果がもたらされる。

 今後はこのような形で非構造化データの利用が進むと考えられるが、この流れを受けて重要性を増しているのが、非構造化データに適したストレージ基盤である「SDS」(Software Defined Storage)だ。本コンテンツでは、IT部門が抱える課題をSDSがどのように解決するのかをさらに詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/10/17
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ940 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け