事例

日本電気株式会社

富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?

複合型医薬品企業として成長を続ける富士薬品。M&A戦略を成長の柱に据える同社のビジネスを支えるのは、基幹業務のデータベースだ。高可用性(HA)が求められる医療用データベースのHAクラスタリングで成功した同社の取り組みを見ていこう。

要約

 2014年に設立60周年を迎えた富士薬品。国内シェアトップの配置薬事業をはじめ、ドラッグストア事業と調剤薬局事業など複合型医薬品企業として躍進を続けている。その舞台裏では、商品マスターをはじめ、販売、受発注、在庫管理などの基幹業務に関わるデータベースが支えている。

 だが、M&Aにより、グループ会社やドラッグストアの店舗数が増加しており、既存のDBサーバは限界に近づいていた。円滑な経営統合や店舗システムの安定した運用のために、同社では高可用性を備えた総合的な運用管理の検討を開始する。複数の提案から同社が選択したのは、医療分野で評価の高い高速DB「Cache」と仮想化基盤「VMware」、そしてHAクラスタリングソフトウェアの組み合わせだ。

 本資料では、全社のデータベース基盤を刷新した同社の取り組みとその成果について紹介する。医療・医薬品分野では高可用性の実現は欠かせない。DBと仮想化の組み合わせで、システム全体の可用性を高めた同社の HAクラスタについて詳しく解説していく。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「日本電気株式会社」に収集される
  • 「日本電気株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本電気株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2016/10/12
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ885 KB
対象業種情報通信、医療・福祉、官公庁
対象企業規模大企業