製品資料

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」

アプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化は、データ保護、アクセス制御、コンプライアンスといった重要なセキュリティ課題に大きく貢献する。仮想化技術をセキュリティの観点から見直し、自由度の高いIT活用を安全に実行できる環境を構築しよう。

要約

 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できるような環境が求められている。

 ただし、そのためには端末ごと、ユーザーごと、あるいはアプリケーションや利用環境ごとに異なるセキュリティポリシーを迅速に適用・変更でき、しかもそれを一元的に管理する必要がある。この難しい施策を実現するのがアプリケーション仮想化とデスクトップ仮想化だ。

 本コンテンツは仮想化技術による包括的なセキュリティレベル向上策を詳しく解説している。アプリとデータに安全にアクセスする能力と柔軟性を、低負荷で提供するには何が必要かが理解できる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ469 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け