Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

「APIエコノミー」で既存資産を収益化、企業間で基幹データを連携する方法

これまで基幹システムで運用してきたデータは、機密性が高く、社外には出せないものとして扱われてきた。しかし昨今、これらのデータを柔軟かつ安全に連携させることで、新たなビジネスチャンスを作り出そうという動きが活発化している。

要約

 ポイントサービスなどを異業種企業と連携して運用する場合、これまでは、窓口になるシステムを別途構築し、必要な情報を基幹システムから抽出して運用するのが一般的な流れだった。しかし、こうした手法はコストを増大させ、拡張や新たな機能追加などの対応スピードが遅くなりがちだ。

 また、このような形で行われる基幹システム内のデータ共有は、活用のバリエーションを柔軟に増やすことが求められるようになり、モバイルやクラウドサービスとの連携も当たり前となり始めている。こうしたニーズに応えられなければ、サービス自体が利用者に飽きられてしまうため、採算を度外視してシステム的な対応を続けていることも多い。

 本コンテンツは、API連携によりこのような課題を解消する方法を分かりやすく解説。相手企業に対して複数のメニューを用意し、セキュアな形で多様なニーズに応えることが、データ連携から収益を獲得する上で有効であることが理解できる。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/23
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間2分2秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け