技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?

他社との差別化のために新しいビジネスモデルへの転換を目指す企業が増えている。そこで顧客が求める新しいサービス体験を提供するためには、今後のデジタルビジネスの鍵となるAPI活用について学ぶことが重要だ。

要約

 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう。

 そこで重要となるのが、各種のサービスをつかさどるアプリケーションと基幹システムとのAPI連携だ。社内あるいはパートナー企業、場合によっては広く一般にこのAPIを公開することで、新しいビジネスを創出する可能性が生まれる。

 本コンテンツは小売企業を例に、APIを活用した新しいビジネスモデルへの転換方法を分かりやすく解説している。また自然言語処理と機械学習を利用したプラットフォーム「IBM Watson」のAPI連携についても紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/23
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ1.28 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け