製品資料

大興電子通信株式会社

Excelの便利さだけ残した「脱Excel」、データ管理業務の無駄を一掃

Excelで作成した高度で複雑な表は、視認性こそ高いが、データの管理や運用が複雑になる。そのため、煩雑なExcel業務に苦しんでいる担当者は多い。そこで、入出力されるデータはそのままで、煩雑な操作だけ自動化するツールが注目されている。

要約

 Excelは多機能で自由度が高いため、高度で複雑な表を作成できる。しかし、完成した表は視認性こそ高いものの、管理や運用が複雑で、データの再利用が困難であることが多い。そのため、多くの企業が煩雑なExcel業務に貴重な時間を奪われている。

 近年、さまざまな企業で「脱Excel」が叫ばれる理由もここにある。とはいえ、二重入力、目視の比較、手作業集計、手作業分解などの不便な部分さえ解消されれば、Excelはまだ使いたいツールだ。そこで、入力/出力されるデータは既存のままで、これらの煩雑な作業だけ自動化できるExcel業務プラットフォームが注目されている。

 Webブラウザ上で動作するため、どこからでも同じ環境で作業ができ、Excel以外にもSQL ServerやOracle、DB2、PostgreSQLなどのデータが抽出可能。さらに取り込んだデータはXMLファイルとしても保存できる。本コンテンツでは、この製品がExcel業務の課題を解決する仕組みや利用環境などをさらに詳しく解説する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/09/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.54 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け